FeeMo(フィーモ)は、妊活・不妊治療の最新情報をお届けする総合ポータルサイトです。

【特別対談】大島美幸×西村誠司「アメリカ式の不妊治療~着床前診断とは~」

【特別対談】大島美幸 × 西村誠司「アメリカ式の不妊治療~着床前診断とは~」

「不妊治療で悩んでいる皆さんへ」

不妊治療を経験し第一子を無事出産された森三中 大島美幸さんと、同じく不妊治療で長女を授かったエクスコムグローバル株式会社代表取締役社長 西村誠司社長をお招きし、「不妊治療」についての対談を実施しました。

対談の見どころ

  • 出産体験 無痛分娩に驚き!
  • はじめて知った染色体検査に感動!
  • 実際に受けた診断結果を詳しく解説!

プロフィール

大島 美幸

吉本興業所属のお笑いタレント。
お笑いトリオ森三中のメンバー。
2014 年 5 月からの妊活休業を経て人工授精後に妊娠。
2015 年 6 月に第一子を出産。

大島美幸

 

西村誠司

西村 誠司

エクスコムグローバル株式会社代表取締役社長。
2015 年 10 月に長女を不妊治療を経て授かる。
妊活や不妊治療に悩む多くの人の役に立ちたいという想いから情報ポータルサイト「FeeMo」を立ち上げる。

出産体験 無痛分娩に驚き!

西本日はかねてよりお会いしたかったスペシャルゲストの森三中の大島美幸さんにおこしいただいております。よろしくお願いします。

ありがとうございます。森三中の大島です。よろしくお願いします。

森三中の大島美幸さん

西大島さんはご家庭ではどういうママなんですか?またお子さんを授かった時は、天から授かったぐらいのお気持ちだったのでしょうか。

子供はひとりなんですが、てんやわんやです(笑)。
妊活休業というのをして、、仕事を休んでから授かれたらいいなということで休ませてもらっていたんですけど、子供を授かった時はありがたかったです。

西自然分娩だったんでしたっけ?出産まで何時間くらいかかったんでしょうか?

第一子だったんですけど短くて、3時間くらいでした!

西え!第一子で!?
うちの長女のときはアメリカだったので無痛分娩だったんですけど、15分ぐらい前まで普通に話してましたからね、僕(笑)。
妻が、「私これだったら何人でも産める」って言ってました(笑)。

ええー!すごい!
無痛分娩だと産後の回復が全然違いますよね!

西抱っこを産まれてからするじゃないですか。
たぶん自然分娩だと陣痛で喜びを嚙み締めるどころじゃないと思うんですね。
長女のときはその辺の余裕が心身ともにありましたね。

違うんですね!やっぱり!

はじめて知った染色体検査に感動!

アメリカの不妊治療に驚く大島さん

そもそも妊活情報サイト「FeeMo」を立ち上げようとしたきっかけはなんだったんですか?

西僕は2010年にアメリカに家族で移住していて、向こうでもビジネスをやっていたんです。
当時は息子が2人いたんですが、妻と「もうひとり、できれば女の子ができたらいいなあ」と話していたんです。
ただ、40才を超えていて時間も限られていたので、これは自然では難しいかなということでアメリカのクリニックの門を叩きました。
そこでアドバイスをいただいて長女を授かることができたのですが、僕はたまたまビジネスでアメリカにいたので日本にない検査や新しい情報を得る機会がありましたが、それを日本にいる人たちに届けられたらいいなと思っていました。
当時、全く不妊治療のことをわかっていなかったので現地のクリニックに行って相談したら、アメリカの場合染色体検査(着床前検査)をするのが一般的で当たり前だと言われました。
さらにアメリカでは、生まれてくる子が男か女か遺伝子の性染色体を見ればわかるそうです。

アメリカで受けた不妊治療の話を聞いて驚く大島さん

え!!凄い!そんなことができるんですね。

西アメリカでそういった不妊治療を受けたことで、胚移植で当時うちの妻41才でしたが1回で授かることができたんです。

ええ、凄い・・・!!はやいですね!

西僕は12個の受精卵を作って、そのうち染色体に異常がない受精卵は1個しかなく、先生からは「7番以外の11個の受精卵はどれを戻してもそもそも着床しない、着床しても流産してしまう可能性がある」と言われていたので、その1個で授かることができたと思うと40才を超えていてこれは凄いことだなと思いました。
実は僕には3つ下の弟がいて、日本で不妊治療や妊活を長いことしていたんです。
僕は「仕事を休んででも渡米して同じ着床前検査を受けてみたら?」と進めたんですが、弟夫婦は二人ともやっぱり仕事を休むことができなくて、授かることができなくて。ということがあって。
それが大きなきっかけになりましたね。
じゃあ自分がこの検査を日本で出来るように環境を整えたいなと思いました。
他にも友人から「第一子は自然に授かることができたけど、第二子となったときに40才近くなっていてなかなか結果が出なかった。」という話もよく聞くんです。
その話を聞いたときに「着床前検査や染色体検査という検査があることを知ってる?」と聞くとみんな知らないことが多いんです。

わたしも知らなかったです。

西そうですよね。
夫婦がこの検査があることを知っている上で受けないというなら一つの選択なので良いと思うんですけど、そもそも知らないとなると、今なかなか結果が出ない方も結果が出る可能性が高くなると思うので、この検査をしっかりと世の中に伝えていきたいと思っています。

実際に受けた診断結果を詳しく解説!

実際に受けた診断結果を詳しく解説!

先ほどからお話に出てきている着床前検査(着床前の受精卵染色体検査)ですが、言葉自体はわたしも聞いたことがあるのですが、具体的にどういう検査をしたり、どういう流れなんでしょうか。

西では、うちの長女が生まれた時の実際の診断結果をお見せしながらお話します。
この1番左側SampleNumber列が12番まで受精卵に番号が割り振られていて、6番にある【47,XY;+22】というのは通常染色体が2本あるところ、22番の染色体が1本多く3本あるということなんです。
つまり通常46本の染色体に対して、47本あるということです。
逆に8番は【45,XX;-14】で14番染色体が2本あるべきところ1本しかなく、唯一妊娠できる受精卵は7番しかなかったんです。

そうですね!

着床前検査の実際の結果

西染色体に異常があるとそもそも着床しない、したとしても流産の可能性が高くなってしまうんですが、もし日本で不妊治療をしていて検査を受けていなかったとするとこのデータ自体がないので、極端な話7番以外の可能性が低い受精卵を含めて治療が進んでしまう可能性があるんです。

そういうことですよね。

西そうすると、人間ですから毎回ひょっとしたらと期待をするじゃないですか。
でも結果を聞いて落ち込んで、を繰り返すことになってしまう。
この検査で残念ながらひとつも染色体が正常なものがないということもありますが、それははやくわかった方が良いと思うんです。
でないと作れた受精卵をひとつずつ戻して結果を待つという時間を繰り返し続けて、その度にお金がかかって、期待して、落ち込んで、と繰り返しになってしまうので。
検査結果を確認して、可能性が高い受精卵がないとはやくわかれば、もう一度卵を取り直すというところに行くことができます。
でも着床前検査自体をやっていないと、それはわからないことなんです。

そうですよね。

西単純に年齢的に難しそうだからもう諦めよう。と思ってしまうご夫婦がこの着床前検査をしてみたら、可能性が高い受精卵が1個見つかるという可能性があるんです!
本当にその1個でいいんです。
年齢が上がるほど染色体に異常がでてしまう確率は上がってはしまうけれど、きちんと検査をして見える化して、可能性を確認した方が良いと思っているんです。

本当ですね。西村社長のように1個でもいいんですもんね!
実は私、流産を2度ほどしたことがありまして、その時に「染色体の異常だから」と2回とも言われたんです。
それでずっとモヤモヤしていて。
でもこうして数値として検査結果を見させていただいて、当時言われた「染色体の異常だから、お母さんはわるくないよ」という言葉の意味がよくわかりました。

西先に検査できていれば、ということですよね。
僕は妊娠率を上げることはもちろんですが、こういった検査で流産の確率をこの検査で下げられるなら、と思うんです。
流産が6割減らせるだけですごく大きいですよね。
そんな様々な日本ではあまり知られていないお話や情報を、このFeeMoという情報サイトの中で詳しくご案内できればと思っています。

FeeMoで新しい命と笑顔を届けたい

FeeMoで新しい命と笑顔を届けたい

いろんなお話を聞かせていただきありがとうございます。
最後に、この妊活情報サイトFeeMoを通じて社長の思い描く理想や、こんなことしてみたいこんな風になったらいいなという想いをお伺いできますか?

西全国で不妊に悩んでいる方たちに、僕たちが提供していく情報やまだ日本で受けられない検査を通じて笑顔を届けていきたい。
悩んでいる方たちの役に立っていきたい。
僕たちのサービスを通じて世の中に新しい命を届けて、幸せな笑顔を増やしていければと思っています。

望んでいる方々のところに新しい命が宿ってほしいですよね。

西本当にそうですね。
新しい命を迎えて、笑顔になってくれることが僕の笑顔にも繋がります。
本日はお時間をいただきありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました!

こちらのページも読まれています

着床前診断”PGT-A”について
着床前診断(PGT-A)についてご存じですか?

妊活・不妊治療セミナー~ PGT-A 検査(着床前診断)経験者の話~
妊活・不妊治療セミナー~ PGT-A 検査(着床前診断)経験者の話~

フィーモとは

妊活・不妊治療の最新情報をお届けする総合ポータルサイト